前へ
次へ

家族葬を執り行いました

葬儀は規模が小さなもので良いという父の遺言もあったので、家族葬を執り行うことに決めました。
もちろん今まで家族葬には参列したことはなかったので、少し不安もありましたが、探してみると規模の小さな葬儀を取り扱っている業者が大半だったし、専門としているところもあったので、最近は家族葬の需要が高まっているんだなと実感しました。
本当に親近者だけで執り行うことにしたので、会葬者に対して挨拶をする必要もなく、プレッシャーも感じなかったのでゆっくりとした別れの時間を過ごすことができて、本当に良かったなと感じました。
通夜から告別式、そして火葬までずっとそばにいることができたし、みんな大変満足できる結果になり良かったです。
金銭面の負担も、規模が小さい分少なくて済んだのもありがたいかなと感じています。
もちろん香典返しなどで、頭を悩ませることもなく葬儀からそのあとまでスムーズに進行したかなと感じました。
これからは家族葬の時代なのかなと思っています。

Page Top