前へ
次へ

家族葬の魅力について

葬儀を執り行う立場になることは、長い人生の中でも一度か二度、あるかないかという人が大半であり、いざ執り行うとなれば頭を悩ませる点も多いのではないでしょうか。
時代の流れとともに、葬儀に関する考え方にも変化が生まれており、近年では規模の小さな葬儀が主流に変わりつつあります。
そのことから家族葬も身近な存在になっていて、多くの人が規模の小さな葬儀を望むようになりました。
家族葬のメリットとしてまずあげられるのは、自由度の高さです。
家族のみと決まっているわけではなく、本当に親しかった人は呼ぶことができます。
会葬者が少なく、ごく身近な気心知れた人ばかりとなれば、葬儀の内容でトラブルになってしまったり、見栄を張る必要もありません。
当然のことですが、規模が小さいとなればその分金銭面の負担が少なくなります。
飲食接待費も必要最低限で良いので、経済的に不安がある人でも気軽に執り行うことができるのではないでしょうか。

Page Top