前へ
次へ

家族葬の後の対応について

遺族にとりまして想像もしていないトラブルの一つに、家族葬の葬儀をした後の弔問客が考えていたより多く訪問する可能性があります。
葬儀最中とは異なって、家族葬の葬儀をした後はどのタイミングで訪ねられるかわからないという側面もあり、遺族からすれば応対に困ってしまうことがあるかもしれません。
1つの例として葬儀した後の知らせで訃報をわかり、最後のお別れに取り組みたい、お線香をあげたいという感情で家に訪問する方がいる可能性もあります。
その他には口伝てで訃報がわかり、家族葬とわからないまま弔問に訪問する人が出てくるケースもあるでしょう。
故人が社交的なキャラクターで付き合いのある方が多いほど、想像もしていない訪問の可能性は高まるといえるでしょう。
付き合いの範囲によっては、むしろ一般葬を考えたほうが良いケースもあるといえるでしょう。
こうした葬儀の後の弔問客の処理に追われる可能性も考えておくことが重要になります。

Page Top