前へ
次へ

家族葬を実施する場合の注意点

家族葬を実施する場合において、注意すべき点があります。
まず、 案内を行なわない人につきましては理由をしっかりと説明することが大事になります。
訃報を知らせたり、案内を行なわない人には、葬儀した後に確実に挨拶状を出すことが重要になります。
あとになってトラブルを防止するためにも、身内のみで家族葬を実施したことを記し、理解を確保することが必要不可欠になります。
ひとつの例として勝手ながら、通夜や葬儀は近親者だけで行います。
ですから、弔問等は遠慮してくださいと説明すれば、失礼になるはずがないでしょう。
また、参列してもらう方の連絡漏れが生じないように実行することも大事なポイントになります。
家族葬については参列する人に制約をかける分だけ、連絡漏れが起こらないようにすることも重要だと言えます。
故人が親しくしていた人など、貴重な存在だった方には声をかけ忘れることがないよう気を付ける必要があります。

Page Top