前へ
次へ

家族葬と香典の関係性

家族葬においては香典を辞退する割合が高いですが、頂かない気持ちを持っても渡されるケースがあります。
1つの例として、前に香典を渡した方から手渡されるパターンなどが挙げられます。
あらかじめ辞退を伝えても、香典を持参されたケースでは拒まないほうが手堅いです。
相手方の気持ちで手渡されるからです。
香典のみならず供花、弔電をもらった場合も当てはまります。
当日にいただいたときには、失礼にならないよう通夜ぶるまいといった料理、会葬返礼品を手渡し、あとになって香典返しができるよう心掛ける必要があります。
また、香典の額があまりなくコストの支払いが増加する可能性があります。
考えていたよりコストの支払いが増すというのも、家族葬で現われやすい問題点です。
香典を辞退するケースでは費用が全て持ち出しということになりますし、香典を受け取るケースでも参列する者の数が限定される分、一般葬より少なくなりますので注意が必要です。

Page Top